【速報】中国 情報局 | 最新情報 口コミ情報

中国 情報局では、「中国」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 世界 」 一覧

no image

米国人の8割超、中国発コロナ情報「信用できない」 米調査

あまり信用できない」は35%で、計84%が中国に対して懐疑的だった。トランプ米大統領は世界への感染拡大を中国の責任と主張し、経済制裁や損害賠償請求を …

no image

コラム:中国、世界で最も「扱いにくい貿易相手国」に

[香港 29日 ロイター BREAKINGVIEWS] – 中国は近く、米国を抜いて世界で最も「扱いにくい貿易相手国」となるかもしれない。中国インドや日本とも対立。問題を …

no image

これからの観光はどうなる? 日常に戻った中国人たちの“旅”の様子が暗示していること

中国世界のどこよりも早く新型コロナウイルスに伴う規制を緩和し、日常生活を取り戻した。こうしたなかでの人々の旅行に対する考えや行動からは、これからの …

no image

中国はアメリカに勝てない」ジョセフ・ナイ教授が警告

新型コロナ禍が世界を変えるように見えても、中国アメリカに代わる超大国にはなれない理由。本誌「中国マスク外交」特集より>. 新型コロナウイルス感染症の …

no image

コロナ収束後の中国 生活者に根強い「第2波」への警戒心――博報堂生活綜研(上海)調査

世界に先駆けて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の収束を迎えて約3カ月たった中国。生活者の意識・行動においてどのような変化が起きているの …

no image

中国、センザンコウのウロコを伝統薬の承認リストから除外

中国はこのほど、世界で最も多く違法取引されている哺乳類センザンコウを救済する措置をとった。2020年の中国の伝統薬の承認リストから、これまで何十年も …

no image

「安倍総理応援歌」が中国で謎の人気 「あなたもわたしも安倍総理…」

10万回以上も再生された動画もあり、様々なコメントが付いている。 中国のラー油ラベルに、安倍首相の肖像画が貼られ… 「あなたもわたしも安倍総理 日本も世界も …

no image

「安倍総理応援歌」中国ネットで人気の珍現象 動画は10万再生超え…いったい何が?

中国のラー油ラベルに、安倍首相の肖像画が貼られ… 「あなたもわたしも安倍総理 日本も世界も安倍総理…」。応援歌の歌詞は、こんな出だしで始まる …

no image

中国、世界経済の安定に重要な貢献

中国はインフラや人的資源などの面で強みがあり、世界の産業チェーン、サプライチェーンの安定維持に重要な役割を果たすことができる。新型コロナがまん延すると …

no image

【一筆多論】中国がTPPに加わる日 渡辺浩生

5月28日に閉幕した中国全国人民代表大会(全人代)は、香港への国家安全法導入の決定に世界の関心が集中した。その陰で李克強首相が語った短くも気に …

no image

中国、改革・開放を深化 発展の出発点は内需重視

現代中国の最も鮮明な特色でもある。2020年という特殊な時期、世界は「両会」(全国人民代表大会と全国政治協商会議)が放った改革・開放のサインに注目した。

no image

豪、中国との対立激化 日本やインドと連携

【シドニー時事】オーストラリア中国の対立が激化している。豪州は4月、新型コロナウイルスの発生源調査を世界に呼び掛けた。すると、中国は猛反発。

no image

豪、中国との対立激化=日本やインドと連携

豪州は4月、新型コロナウイルスの発生源調査を世界に呼び掛けた。すると、中国は猛反発。豪産農産物輸入で「制裁措置」に踏み切り、豪州行きを避けるよう国民に …

no image

新型コロナで中国は消費喚起、インフラ投資が柱 景気対策の「後遺症」に警戒

【上海=三塚聖平】世界で最も早く新型コロナウイルス蔓延(まんえん)による景気悪化に直面した中国は、経済立て直しに向けて矢継ぎ早に景気対策を打ち出して …

no image

中国に断固とした態度続ける、貿易や新型コロナで-ペンス米副大統領

ペンス米副大統領は「われわれは中国世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスに関して世界に適切な警告を怠ったことに対し、責任を取らせるつもりだ」 …

no image

[英文]中国、過剰な拡張主義が招く孤立リスク

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は4月、歴史の大きな進歩はいつも大惨事の試練から生まれると演説した。コロナ禍で世界の混乱が深まるなか、中国は …

no image

コラム:中国のバイオ技術企業、新型コロナ大流行で脚光浴びる

HK)といったほとんど知られていない企業がCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のワクチン治療法開発で先頭集団に入っており、中国世界の外交的な …

no image

テロ支援国家の無人自爆機攻撃の背後に中国

中国が開発を進めている大量の無人機による自爆攻撃が世界の脅威となっている。 2019年9月、サウジアラビアの石油施設が無人機と巡航ミサイルで攻撃され、 …

no image

すでに35%が消えたマングローブを守ろう=中国

中国には37種のマングローブがあり、広東省、広西チワン族自治区、海南省、福建省、浙江省などに分布しています。 現在、世界にあるマングローブの35%が …

no image

制裁関税で中国消費者にツケ 豪州産大麦の影響でビール価格の押し上げに

中国政府が5月中旬からオーストラリア産大麦に対し高い関税を課したが、中国にはその後も豪州産大麦が輸出されている。中国はビールの消費で世界第1位。