中国 | KURAGE online

中国 | KURAGE online

「 世界 」 の情報 

中国で「植物由来の人工肉」がバブルの兆し、国内外の企業が続々進出

世界で注目される代替肉、中国でも関心高まる. 2019年5月、植物由来の工肉を製造・開発するビヨンド・ミート(Beyond Meat)という米国の会社が

中国需要、原油相場を下支え 交通量・工場稼働率は危機前上回る

中国の交通量や工場稼働率は正常に戻っただけではなく、新型コロナウイルス危機前の水準を上回っており、世界の石油需要の回復を支えている。

月は水の宝庫? 中国リード、巻き返す米国

アポロ以降、米国が火星などより遠い天体へ宇宙開発の軸足を移す一方、21世紀に入って中国が月探査を着実に進めて世界をリード。米国は有の「

中国の覇権志向警戒 米国務長官

ブリンケン米国務長官は2日放映された米CBSニュースのインタビューで、中国が「世界の支配国家」となることを目指していると強い警戒感を

NZ首相、中国との見解の相違解決は「一段と困難になっている」

[ウェリントン 3日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は3日、世界での中国の役割が拡大・変化する中、同国との見解の相違を

中国CICC、買収や人材採用で外国勢に対抗-金融開放で競争激化

中国の15兆ドル(約1600兆円)規模の資産運用市場に世界の銀行が参入する中、 中国国際金融( CICC)は海外での買収や材採用などの反撃を

中国、世界最大の電波望遠鏡公開/「天眼」、外国人も利用可能

中国科学院国家天文台が約12億元(約200億円)をかけて建設、2020年から正式運用が始まった。 天眼は世界で最も感度が高く、中国メディアによると

中国の広州が世界一忙しい空港に、アトランタ2位-コロナの2020年

中国の 広州(白雲)国際空港が2020年に世界で最も忙しい空港となった。前年の11位から旅客数ランクで20年余り首位を維持してきた米国

ドル支配で金融面に弱さ抱える中国、デジタル人民元は打開策か

中国は経済・軍事的に力を付けてきたが、米国による世界の金融システム支配ほど中国の弱さが浮き彫りになるものは恐らくない。 トランプ前政権が

中国海南島でボアオフォーラム開幕 2年ぶりの開催

アジアを中心に世界の政財界要が経済協力などについて話し合う中国主導の国際組織「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」の年次総会が18日、

Copyright© 中国 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.