KURAGE online | 中国 の情報

KURAGE online | 中国 の情報

「 トランプ米大統領 」 の情報 

オラクルのTikTok提携案に疑問符、トランプ氏や中国側の発言で

トランプ米大統領が21日に提携案の承認を撤回する可能性を示唆したほか、中国政府は国営メディアを通じて消極的な姿勢を示している。

中国は本当にバイデン氏支持なのか―米メディア

2日、中国紙・環球時報は、トランプ米大統領やその周囲の物が「中国はバイデン氏を支持している」との発言を繰り返していると報じた。写真は

TikTokとは無関係 技術輸出規制強化で中国

トランプ米大統領は8月14日、ティックトックを運営する中国の字節跳動(バイトダンス)に対し、90日以内の米国事業売却を命令した。一方、

アリババ、米制裁リスクが業績脅かす恐れ-中国での競争激化に加え

トランプ米大統領は、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に対するものと同じような制裁を他の中国企業にも加えると 警告して

「罪名でっち上げ」と米批判 TikTok売却命令で中国

【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は17日の記者会見で、トランプ米大統領が短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を

アップルの4.7兆円中国市場に黄信号-「微信」禁止の大統領令で

米アップルは何年もかけて中国を440億ドル(約4兆7000億円)規模の成長けん引役に育ててきた。しかし、トランプ米大統領が先週、その全てに

コラム:トランプ氏、テンセントへの痛撃で中国の弱点突く

[香港 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領は、中国にとって最も痛い弱点の1つを突いた。騰訊控股(テンセント)(0700.HK)だ。

米が中国アプリ排除へ、大統領令「取引禁止」

ワシントン共同】トランプ米大統領は6日、安全保障上の脅威だとして、中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する「

中国アプリのアイコン

トランプ米大統領が中国IT企業傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」(右)と対話アプリ「微信(ウィーチャット)」に

中国アプリ禁止どこまで? 来月までに決定、日本にも影響―米

トランプ米大統領が取引禁止を表明した中国IT企業傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」(右)と対話アプリ「微信(

Copyright© KURAGE online | 中国 の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.